松榮家住宅 オモ蔵 まつばえけじゅうたく おもぐら

住居建築 / 明治 / 中部 

新潟県
明治/1911
土蔵造、建築面積39.13㎡、二階建
1棟
新潟県佐渡市相川三町目浜町8番地
重文指定年月日:20180817
国宝指定年月日:
重要文化財

 松榮家住宅は佐渡市西部の海岸近くに所在する,鉱山や廻船で繁栄した相川を代表する豪商の住宅である。
主屋と,後方に並ぶオモ蔵,新蔵は明治44年に上棟され,2棟の蔵は大きな鞘で一体的に覆われている。主屋の平面構成は佐渡の町家の基本形式にならいながら,重厚な軸部やオエと土間の広壮な吹抜など,雄大な内部空間を実現している。また座敷や仏間を主体部から独立させて拡充しつつ,各室を瀟洒な意匠で整えるなど,近代的な拡張,発展の様相を良好に示している。平面計画や優れた空間構成に,近代佐渡における町家建築の発展形態を示す,雄大かつ上質な住宅として,高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

松榮家住宅 オモ蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松榮家住宅 新蔵
松榮家住宅 主屋
伊藤家住宅 座敷の蔵
伊藤家住宅 裏蔵
伊藤家住宅 米蔵
ページトップへ