旧チャップマン邸石段及び石垣 きゅうちゃっぷまんていいしだんおよびいしがき

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 近畿 

和歌山県
大正/1926
石造、延長50m
1基
和歌山県新宮市新宮字上熊野7677-2
登録年月日:
新宮市
登録有形文化財(建造物)

敷地の南東面を区切る石垣及び前面道路からの通路となる石段。石垣は花崗斑岩の間知石を谷積に築き、東端に井戸のためにアーチを組んだ石室を設ける。石段は玄関までの路面に野面石を敷詰め、石張の門柱を入口脇に立てる。主屋と共に西村伊作の作風を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

旧チャップマン邸石段及び石垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧チャップマン邸主屋
梅ヶ谷津偕楽園石塀及び石段
大曲公家住宅石段及び石垣
冨士屋旅館石垣
寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣
ページトップへ