矢不来館跡出土品 やふらいだてあとしゅつどひん

考古資料 / 北海道 

122点
北斗市本町1丁目1番1号(北斗市資料館)
指定年月日:平成29年3月31日
北斗市
北海道指定有形文化財

出土品は矢不来館跡出土の15世紀後半~16世紀初頭(中世後期)の遺物である。内訳は天目碗、青磁、白磁、染付などの中国産陶磁器、瀬戸、越前などの国産陶磁器、鉄製品、銅製品、銭、石製品、漆器、ガラス玉である。これらは、館の年代を示すとともに、当時の北海道南西部と本州の日本海沿岸各地との交易活動や、館主の生活や文化の実態を具体的に知ることができる資料であり、学術的な価値は極めて高い。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

矢不来館跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

史跡脇本城跡出土遺物
北海道船泊遺跡出土品
入江貝塚出土品
北海道松法川北岸遺跡出土品
西島松5遺跡土坑墓出土品(漆塗り装身具)
ページトップへ