山水図 さんすいず

絵画 / 室町 

伝狩野正信筆
室町時代・16世紀
絹本墨画淡彩
62.0×28.4
1幅

狩野正信は、15世紀末を中心に活躍した職業画家。16世紀から19世紀まで日本の画壇に君臨した狩野派の初代にあたる。本図は正信の作と伝えられる作品で、中国・南宋の宮廷絵画様式による山水画に学んだ正信とその子、元信の山水画に近いところがある。
ルビ:もとのぶ(救仁郷氏執筆)(180807_h033)

作品所在地の地図

関連リンク

山水図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図
商山四皓竹林七賢図屏風
紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉
紙本墨画淡彩山水図〈狩野正信筆/〉
絹本墨画淡彩高士遠眺図
ページトップへ