Tosennozu

唐舩之図

Details

Tosennozu

唐舩之図

木版画 / 江戸

画者不詳 針屋版 /長崎版画

江戸時代/1740年代

木版筆彩

32.4×43.5

1面

「長崎桜町針屋」 

来歴:大槻磐水家→新村出→池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・板橋区立美術館『長崎版画と異国の面影』図録 2017

桜町の針屋は、長崎版画の最も古い版元とされます。長崎・大音寺の過去帳に記載されている、宝暦4年(1754)に没した針屋与兵衛がその人ではないかと推定されています。現在までに知られる針屋の作品は「唐船之図」「阿蘭陀人之図」「大清人」の3点のみ(いずれも当館蔵)です。墨摺の上にわずかな手彩色を加えた素朴な趣で、長崎版画の原点とも言うべき作品です。

【長崎ゆかりの近世絵画】

Related Works

Search items related to work chosen