萪□私印 しいん

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 平安 / 栃木県 

出土地:栃木県那珂川町 那須郡衙跡出土
平安時代・9世紀
鋳銅製
1個
重要文化財

隋唐の影響を受け、奈良時代の大宝律令から文書に公印を押すことが始まったと考えられています。当初は天皇玉璽や太政官印、中央の省や諸国の印が使われ、その後公印に準拠するものとして、倉印や郡印、軍団印や寺印などが作られたと考えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

萪□私印チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御笠団印
那須官衙遺跡
銅印 印文「三川私印」
銅印〈印文「山邊郡印」/〉
銅鋳出薬師如来立像
ページトップへ