臑当 すねあて

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 韓国 

出土地:伝韓国昌寧出土
三国時代(新羅)・6世紀
金銅
1個
重要文化財

宝珠形の板で膝を覆い、臑の過半は蝶番で可動させて臑を防護するための金銅製の甲冑付属具。中軸線を盛り上げて表し、宝珠形の部分には歩揺を付けて飾る装飾性の高いもので、実用でなく儀礼に用いられたと推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

臑当チェックした作品をもとに関連する作品を探す

透彫飾履
太環式耳飾
鳥翼形冠飾
透彫冠帽
釧

ページトップへ