文化遺産オンライン

単龍文環頭大刀

たんりゅうもんかんとうたち

作品概要

単龍文環頭大刀

たんりゅうもんかんとうたち

考古資料 / 韓国

出土地:伝韓国昌寧出土

三国時代(新羅)・6世紀

1本

重要文化財

柄(つか)頭(がしら)の環の中に龍の装飾を入れていますが、忠清南道公(コン)州(ジュ)の百済武(ム)寧(リョン)王陵でも同様の単龍文環頭大刀が出土しています。昌(チャン)寧(ニョン)の首長は、百済王に匹敵する副葬品を持っていたことがわかり、新羅勢力の中でも昌寧が高い地位を占めていたことが窺われます。

単龍文環頭大刀をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

韓国 / Kingdoms / / Three

関連作品

チェックした関連作品の検索