文化遺産オンライン

単龍環頭柄頭

たんりゅうかんとうつかがしら

作品概要

単龍環頭柄頭

たんりゅうかんとうつかがしら

考古資料 / 古墳 / 大阪府

出土地:大阪府茨木市 海北塚古墳出土

古墳時代・6世紀

1個

環(かん)頭(とう)柄(つか)頭(がしら)は、大刀(たち)の柄(つか)部分につけた環状の飾りで、大陸に系譜があります。環状部や中心飾には走龍文や鳳凰(ほうおう)文が配されます。日本列島に伝播した当初は龍文や鳳凰文は精巧な造りですが、新しい時期になると製作が粗雑になり、段階的に表現が著しく崩れてゆきます。

単龍環頭柄頭をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大刀 / 古墳 / / 柄頭

関連作品

チェックした関連作品の検索