文化遺産オンライン

橋下の涼み舟

はしした すず ぶね

作品概要

橋下の涼み舟

はしした すず ぶね

絵画 / 江戸

鳥居清長筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵 3枚続

1枚

清長は、遠近感のある広々とした景観の中にすらりとした美人を組み合わせた作品を得意とした。本図は、左の三囲稲荷を望む吾妻橋下の隅田川に二艘の舟を寄せて涼む一行を描いている。3枚続の広がりが魅力だが、1枚ずつでも鑑賞出来るように構図されている。

橋下の涼み舟をもっと見る

鳥居清長筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 鳥居 / 美人 /

関連作品

チェックした関連作品の検索