文化遺産オンライン

風俗東之錦・萩見

ふうぞくあずまのにしき はぎみ

作品概要

風俗東之錦・萩見

ふうぞくあずまのにしき はぎみ

絵画 / 江戸

鳥居清長筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵

縦38.6 横25.2

1枚

銘文:清長画

鳥居清長は、役者絵のほかに開放的な空間に長身の美人を描いた健康的な美人画を得意とし、天明(1781~89)期の浮世絵界をリードした。「風俗東之錦」は、清長の代表作とされる全20図の揃物で、本図は2枚続きで制作された秋の庭を描いた図の左側である。

風俗東之錦・萩見をもっと見る

鳥居清長筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 鳥居 / / Kiyonaga

関連作品

チェックした関連作品の検索