文化遺産オンライン

風俗東之錦・子をあやす母と浴後の女

作品概要

風俗東之錦・子をあやす母と浴後の女

絵画 / 江戸

鳥居清長筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵

1枚

「風俗東之錦」は、すらりとした美人の日常が描かれた20図からなる鳥居清長を代表する揃物。本図では、子供をあやすのに気をとられ脚の露になった女性と、浴後の胸をはだけた女性が描かれている。子供は、市川団十郎にあやかって三升模様を着ている。

風俗東之錦・子をあやす母と浴後の女をもっと見る

鳥居清長筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 鳥居 / / Kiyonaga

関連作品

チェックした関連作品の検索