文化遺産オンライン

當時全盛美人揃・瀧川

とうじぜんせいびじんぞろい たきがわ

概要

當時全盛美人揃・瀧川

とうじぜんせいびじんぞろい たきがわ

絵画 / 江戸

喜多川歌麿筆

江戸時代・寛政6年(1794)

大判 錦絵

1枚

吉原遊女の座った姿を、膝のあたりから上で切り取った特徴的構図の10枚揃シリーズで、遊女や禿の名前から寛政6年(1794)に制作されたと考えられている。本図のみ遊女屋名と禿名が記されていない。扇屋抱えの遊女瀧川が文を愛しむように隠し読んでいる。

當時全盛美人揃・瀧川をもっと見る

喜多川歌麿筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

遊女 / 禿 / 美人 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索