文化遺産オンライン

江戸名所雪月花の内・隅田川堤雪の眺望

えどめいしょせつげっか うち すみだがわづつみゆき ちょうぼう

作品概要

江戸名所雪月花の内・隅田川堤雪の眺望

えどめいしょせつげっか うち すみだがわづつみゆき ちょうぼう

絵画 / 江戸

歌川広重筆

江戸時代・19世紀

団扇絵判 錦絵

1枚

 歌川派の団扇絵は、美人を主なテーマとして、その上半身を描いたものが多いのだが、広重の作品では、名所を背景に美人の全身像を描き込んだ季節感豊かな作品が多くなっている。団扇絵は彫りと摺りのしっかりした作品が多くそれも見所の一つである。

江戸名所雪月花の内・隅田川堤雪の眺望をもっと見る

歌川広重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

広重 / 名所 / Edo / Hiroshige

関連作品

チェックした関連作品の検索