文化遺産オンライン

舞妓

まいこ

作品概要

舞妓

まいこ

絵画 / 明治

黒田清輝筆

明治26年(1893)

カンバス・油彩

80.4×65.3

1面

重要文化財

黒田がフランスから帰国して最初に仕上げた作品とされる。鴨川の明るい水面を背景に、出窓に座って話す舞妓を逆光でとらえている。モデルは「小野亭」の舞妓「小ゑん」。浅瀬をゆく川の流れは舞妓の内面と呼応するかのようである。

舞妓をもっと見る

黒田清輝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舞妓 / 黒田 / 清輝 / 洋画

関連作品

チェックした関連作品の検索