市川団十郎の竹抜き五郎 いちかわだんじゅうろう たけぬ ごろう

絵画 / 江戸 

鳥居清倍筆
江戸時代・元禄10年(1697)
大々判 丹絵
1枚
重要文化財

元禄10年5月、中村座で上演された「兵(つわもの)根(こん)元(げん)曾(そ)我(が)」の市川団十郎を描いている。筋肉を誇張した「瓢(ひょう)箪(たん)足(あし)」、抑揚の強い描線「蚯蚓(みみず)描(がき)」など初期鳥居派の技法で江戸の荒事歌舞伎の豪快さが表現され、粗雑な彩色が力強さを一層強調している。

作品所在地の地図

関連リンク

市川団十郎の竹抜き五郎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二代目市川高麗蔵の曽我十郎と五代目市川団十郎の曽我五郎
二代目市川団十郎の暫
二代目市川団十郎の暫

鳥居清峯(二代清満)筆

版画市川団十郎の竹ぬき五郎図
市川団十郎
市川団十郎

鳥居清長筆

五代目市川団十郎の菅公天拝山
ページトップへ