深鉢形土器 ふかばちがたどき

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 縄文 / 長野県 

出土地:長野県伊那市宮ノ前出土
縄文時代(中期)・前3000~前2000年
土製
1個

約1万年も続く縄文時代のなかでも、中期になると粘土を器面に貼り付けて立体的な装飾を施す土器が東日本各地で作られた。本例は器面全体を縦横に分け、その内側を抽象文で飾る大形の深鉢形土器。中部地方で盛行する曽利+そり+式土器の特徴をよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

深鉢形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器
深鉢形土器
深鉢形土器
火焰型土器
深鉢形土器
ページトップへ