文化遺産オンライン

名所江戸百景・猿わか町よるの景

めいしょえどひゃっけい さる ちょう けい

作品概要

名所江戸百景・猿わか町よるの景

めいしょえどひゃっけい さる ちょう けい

絵画 / 江戸

歌川広重筆

江戸時代・安政3年(1856)

大判 錦絵

37.5×25.4cm

1枚

江戸の芝居小屋の三座(森田座・市村座・中村座)が集められた猿若町の夜の風景。町名は、江戸歌舞伎の創始者 猿若勘三郎にちなむものです。画面右手に三座が、左手には芝居茶屋が描かれます。人々の足もとに落ちた影や小屋の明かりなど、明暗の表現もみどころです。

名所江戸百景・猿わか町よるの景をもっと見る

歌川広重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索