「名所江戸百景・亀戸梅屋舗」 めいしょえどひゃっけい・かめいどうめやしき

版画  木版画 / 江戸 / 奈良県 

歌川広重 (1797~1858)
うたがわひろしげ
奈良県
江戸時代/1857
竪大判錦絵
37.2×24.3㎝
奈良市登大路町10-6
奈良県立美術館

 前景に当時有名であった「臥竜梅」を大きく描く構図は、新鮮で印象的な詩情を求めた『名所江戸百景』の新しい試みをよく示している。赤・紫・緑を背景に純白の梅が馥郁と薫っている。装飾的で象徴的な日本の伝統的表現法が生かされ、早春の気配が巧みに描き出されている。印象的で装飾的な表現を多用したこのシリーズは、『東海道五十三次』などに見られる繊細な写実を脱し、歌川広重の新しい詩境を示すものであった。判形もたて形を用い、緊張感と動性をよくあらわすものである。

作品所在地の地図

関連リンク

「名所江戸百景・亀戸梅屋舗」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

名所江戸百景 亀戸梅屋舗
名所江戸百景・高輪うしまち
名所江戸百景・両国花火
名所江戸百景 大はしあたけの夕立
名所江戸百景・猿わか町よるの景
ページトップへ