東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち かんばら よるのゆき

絵画  その他 / 江戸 / 日本 

歌川広重 (寛政9年~
安政5年)
天保4~5年
木版多色刷
25.0×36.0
1枚

広重は天保3年(1832) に幕府が毎年8月朔日に行う朝廷への御馬献上の一行に加わり、東海道を江戸から京まで旅をした。その時に見た風景や各宿の印象をもとに発行したのがこの「東海道五拾三次」といわれている。保永堂という版元から出されていることから保永堂版東海道とも呼ばれる。旅に関わる風物、人物を自然の景観のなかに叙情豊かに描き、広重の出世作となった。また、西洋の遠近画法を修め深い空間表現を創出した北斎の「冨嶽三十六景」と並んで、浮世絵界に風景表現という新しい風を送り込んだ金字塔的作品ともいわれている。(『廣重 東海道五拾三次』静岡県立美術館)

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次
東海道五拾三次

歌川広重筆

東海道五拾三次之内 14 原《朝之富士》
東海道五十三次
東海道五十三次

歌川広重(1797~1858)画 保永堂版

東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》
東海道五拾三次之内  3 川崎《六郷渡舟》
ページトップへ