東海道五拾三次之内 46 庄野《白雨》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 46 しょうの はくう

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

『東海道五拾三次之内』の中で、最も有名な一枚。白雨とは夕立のこと。画面左から大胆に描かれた勾配のある坂。画中右手の家並みがこの坂の小高さを思わせる。その坂を必死に登る駕籠かきと転げ堕ちるように駆け下る旅人と農夫。そこに夕立がこの坂と直角に交差するように降り始める。よく見ると駆け下りる旅人の傘には「竹のうち」「五十三次」としっかりと宣伝されているのも面白い。この「庄野」は「蒲原」と並ぶ傑作とされる。「蒲原」が深々と降る雪をテーマにしたのに対して「庄野」では激しい夕立が描かれる。画中の人の動きもあり、静と動の対比がある。季節にも冬と夏の対比がある。この版の摺りもとても良く、雨雲を感じさせる空のぼかし、雨しぶきに煙る竹林のシルエットの濃淡、白雨の言葉のとおりの夕立の繊細な色合いなど、いずれをとっても最良の版といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 46 庄野《白雨》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《山下白雨》
東海道五拾三次之内 16 蒲原《夜之雪》
東海道五拾三次之内 50 土山《春之雨》
東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》
名所江戸百景 大はしあたけの夕立
ページトップへ