冨嶽三十六景《山下白雨》 ふがくさんじゅうろっけい さんかはくう

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
25.5×37.7cm
1

「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」とともに、冨嶽三十六景のシリーズの三役のひとつに数えられる。白雨とは夕立のこと。快晴の山頂に対し、山麓に下ると漆黒の闇に包まれ強烈に走る一瞬の稲妻が描かれ、そこに激しい雨が降っていることがイメージできる。自然に超越して、静と動をあわせ持つ、富士の雄大さ見事に表現された一枚である。『富嶽百景』「夕立の不二」には、その裾野の村に視点が移動した光景が描かれている。今日のように飛行機が無い時代にあって、富士を様々な視点からイメージできた北斎の力量に驚くばかりである。この「山下白雨」は、主板、色板の板木に欠落部分があるものが多く、初摺りのイメージを残すものが少ないといわれる。山頂の中心部分の茶色の点の欠落や、落款の「筆」の下部部分の欠落などが見られるものもあるが、この版は、初摺りに近いイメージを残している貴重なものである。後摺りの版では、その裾野に松の木が加えられたものもあり面白い。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《山下白雨》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《御厩川岸より両國橋夕陽見》
冨嶽三十六景《諸人登山》
冨嶽三十六景《相州七里浜》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
ページトップへ