冨嶽三十六景《凱風快晴》 ふがくさんじゅうろっけい がいふうかいせい

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
24.1×37.2cm
1

通称「赤富士」とも呼ばれる世界的な名画の一枚。凱風とは南風のことをいう。夏から秋にかけての晴れた早朝に、富士が山全体を赤く染めて輝くことがあるという。大胆にも画面いっぱいに大きくとらえられた富士が、青空を背景にまっ赤に染め上げられていく。北斎もその光景を驚きと感動をもって見つめていたのかもしれない。この「凱風快晴」の大きな特徴のひとつが、富士の山肌に見られる版木の木目である。版木の木目を使い、画面の大きな面積を占め、ぼかしだけでは単調になりかねない富士山容の表現に、空気の流れまでも感じさせる大きな変化を与えている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《凱風快晴》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《山下白雨》
冨嶽三十六景《諸人登山》
冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》
冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《甲州犬目峠》
ページトップへ