冨嶽三十六景《駿州大野新田》 ふがくさんじゅうろっけい すんしゅうおおのしんでん

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

大野新田は静岡県富士市の南部にあたり、富士を正面に見る絶好の場所であったようだ。枯れ葦の束を背負い、画面を横切る牛の一群。その牛の迫力もさることながら、束の形が富士の稜線と相似しているのも北斎の演出だろうか。青々とした刈葦を背負子に背負った、左端の農婦と、牛の一群の先頭で煙管を咥え、牛を引く男が、同じポーズをとっているのも面白い。腕を組み、立ち止まって何を考えているのか。雄大な富士の裾野には沼沢が広がり、牛に驚いた白鷺が飛び立っていく。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《駿州大野新田》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《遠江山中》
冨嶽三十六景《武州千住》
冨嶽三十六景《常州牛堀》
冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》
冨嶽三十六景《山下白雨》
ページトップへ