冨嶽三十六景《青山圓座枩》 ふがくさんじゅうろっけい あおやまえんざまつ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

この圓座枩とは青山の龍岩寺の庭中にあった笠松のこと。「枝のわたり三間あまりあり」とも記され(『江戸名所図会』)、小山のようにも見えるこの松は江戸の名所であった。実際に青山から見る富士にしては、あまりにも大きいが、富士と圓座枩との中景に描かれた霞雲が、時間と空間を超越してそびえる富士との距離を、許しているかのようである。画面右下に描かれた人物の描写も面白いが、よく見ると画面左下にも松の添え木にまじって松葉を掃除する男の姿が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《青山圓座枩》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《武州玉川》
冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《諸人登山》
冨嶽三十六景《甲州犬目峠》
ページトップへ