冨嶽三十六景《江戸日本橋》 ふがくさんじゅうろっけい えどにほんばし

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

画中下部に擬宝珠とそこに行き交う人々の賑わいを描くとによって日本橋の存在を示し、大胆な透視画法で描かれた街並みの先には江戸城を、さらにその霞の彼方には富士が見える。この透視画法については『北斎漫画』で三ツワリの法としてすでに図解されている。この版は川面の濃淡が多少さめた色合いになっているが、画中右下の籠を担ぐ町人の顔が口元まで良く見えており、初摺りのイメージを残す版といえるであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《江戸日本橋》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
冨嶽三十六景《諸人登山》
冨嶽三十六景《山下白雨》
ページトップへ