冨嶽三十六景《相州七里浜》 ふがくさんじゅうろっけい そうしゅうしちりがはま

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

七里ヶ浜は、その名の通り長く続く砂浜から、富士を眺めることのできる鎌倉の勝景地である。この「相州七里ヶ浜」もまた、先の広告に「富嶽三十六景 前北斎為一翁画 藍摺一枚 一枚ニ一景ツヽ追々出版 此絵は富士のかたちのその所によりて異なる事を示す 或は七里ヶ浜にて見るかたち・・・」とあることから、初摺りのイメージの版は藍一色で摺られたものである。この版では背景の空が夕日に染まり、夜のとばりがおりてくる頃の風景にアレンジされている。改印、版元印もなく、主板の状態から見ても、やはり後摺りのものであることは間違いない。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《相州七里浜》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《武陽佃島》
冨嶽三十六景《信州諏訪湖》
冨嶽三十六景《山下白雨》
冨嶽三十六景《深川万年橋下》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
ページトップへ