冨嶽三十六景《深川万年橋下》 ふがくさんじゅうろっけい ふかがわまんねんばしした 

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

万年橋は小名木川と隅田川との合流点に架けられた橋。海抜の低かった深川では洪水対策のため、川の両岸の石積を高くしたという。その石積の上に架けられた橋は、人々の視線からは本当に高い位置に見えたのであろう。橋の下に富士を遠望する構図は、三十年前に描いた洋風版画「たかはしのふじ」に見ることができ、さらに『富嶽百景』「七橋一覧の不二」にも展開されているが、その着想の原点は川村岷雪の『百富士』「橋下」にあるといわれている。この図では一見すると富士を見落としかねないが、川に浮かぶ2隻の船の舳先によって富士の有る方へ視線が誘われるのも面白い。この版は主板に墨摺りが施されている。初摺りの版には藍摺りが使用されていることから、この版は追加出版の10図の刊行以降に摺られたものであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《深川万年橋下》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東海道江尻田子の浦略図》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
冨嶽三十六景《相州七里浜》
冨嶽三十六景《山下白雨》
冨嶽三十六景《武陽佃島》
ページトップへ