文化遺産オンライン

冨嶽三十六景《常州牛堀》

ふがくさんじゅうろっけい じょうしゅううしぼり

概要

冨嶽三十六景《常州牛堀》

ふがくさんじゅうろっけい じょうしゅううしぼり

木版画

葛飾北斎  (1760-1849)

かつしかほくさい

日本

天保元−天保3年(1830-32)頃

木版多色刷

26.4×38.6cm

1

常州牛堀は、現在の茨城県潮来市で、霞ヶ浦に接した所。菅(すげ)・茅(かや)などで編んだ苫で覆われた苫舟で生活する人々の、一日の始まりを描いたものであろうか。川へ捨てられた米のとぎ汁の音に驚いた2羽の白鷺が飛び立っていく。画面ななめいっぱいに配された船と右上の富士との大胆な構図に、北斎の力量を見ることができる。この版は藍一色で摺られた初摺りのものから、配色が変更された版である。

冨嶽三十六景《常州牛堀》をもっと見る

葛飾北斎をもっと見る

公益財団法人 東京富士美術館をもっと見る

キーワード

摺り / 北斎 / 富士 /

関連作品

チェックした関連作品の検索