冨嶽三十六景《信州諏訪湖》 ふがくさんじゅうろっけい しんしゅうすわこ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
25.3×37.5cm
1

よく晴れた日には、諏訪湖からも富士が眺望でき、溪斎英泉や歌川広重もその光景を残している。画面中央にVの字に大きく描かれた二本の松。富士の形と相似するように描かれた弁財天の祠など、北斎の構図へのこだわりが感じられる。この祠のあった弁天島は江戸時代の灌漑工事で削りとられたという。この版もまた、藍一色で摺られた初摺りのものから、空の夕日や草木の緑など配色が変更された後摺りのものである。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《信州諏訪湖》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《甲州石班澤》
冨嶽三十六景《常州牛堀》
冨嶽三十六景《相州七里浜》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
ページトップへ