文化遺産オンライン

冨嶽三十六景《礫川雪の且》

ふがくさんじゅうろっけい こいしかわゆきのあした

作品概要

冨嶽三十六景《礫川雪の且》

ふがくさんじゅうろっけい こいしかわゆきのあした

木版画

葛飾北斎  (1760-1849)

かつしかほくさい

日本

天保元−天保3年(1830-32)頃

木版多色刷

1

礫川とは現在の文京区小石川あたりのこと。タイトルが示すように、夜半に雪の降った翌朝に、雪見、富士見を楽しむ人々の光景。富士上空には三羽の鳥が描かれている。初摺りの版は青く明けてきた朝の景が描かれるが、この版は、富士の背景が夕日に変えられているのは摺り師の趣向であろうか。主板も墨摺りで摺られており、追加10図刊行以降の版であろう。

冨嶽三十六景《礫川雪の且》をもっと見る

葛飾北斎をもっと見る

公益財団法人 東京富士美術館をもっと見る

キーワード

摺り / 富士 / 北斎 /

関連作品

チェックした関連作品の検索