文化遺産オンライン

冨嶽三十六景《諸人登山》

ふがくさんじゅうろっけい しょにんとざん

作品概要

冨嶽三十六景《諸人登山》

ふがくさんじゅうろっけい しょにんとざん

木版画

葛飾北斎  (1760-1849)

かつしかほくさい

日本

天保元−天保3年(1830-32)頃

木版多色刷

1

冨嶽三十六景シリーズ46枚の中で、唯一、富士の山容が描かれていない富士である。危ない足場をはうようにしながら、富士山頂に登山をする、富士講と呼ばれた富士山を信仰する人たちの姿と、岩肌から霧が湧きでる険しい富士山頂の山肌が描かれている。画面上部の岩室にうずくまる人々は暖ととっているのか。富士山頂の登山を果たしたという喜びが感じられないのはどういうわけだろうか。富士山容の美しさで綴られたシリーズの完結として、富士山頂の険しき姿をあえて描いたのであろう。初摺りのイメージの版は、登山者たちの足袋の色に藍が配されている。この版は、上端がやや断ち切られている。

冨嶽三十六景《諸人登山》をもっと見る

葛飾北斎をもっと見る

公益財団法人 東京富士美術館をもっと見る

キーワード

摺り / 富士 / 北斎 /

関連作品

チェックした関連作品の検索