冨嶽三十六景《甲州三坂水面》 ふがくさんじゅうろっけい こうしゅうみさかすいめん

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

御坂(三坂)からみる河口湖と富士の風景である。画中中央に描かれた富士には雪がなく、生い茂る木々の緑から初夏を思わせる。しかし、一隻の船に小さく二人の人物が描かれている以外は人の気配もなく、波ひとつない湖面には雪を抱いた富士を映し出している。その映し出された富士の位置にも謎が残る。夏の富士と冬の富士が、対称して描かれている。藍色を主に配色した版もある。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《甲州三坂水面》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《甲州犬目峠》
冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》
冨嶽三十六景《東海道江尻田子の浦略図》
冨嶽三十六景《諸人登山》
ページトップへ