冨嶽三十六景《下目黒》 ふがくさんじゅうろっけい しもめぐろ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

画面両側の小高い丘にはさまれた窪みから富士が小さく見える。「下目黒」は現在の目黒区の一帯であるが、当時は田畑も多く、鷹狩りの場としても知られていた。画中右には武家に使える二人の鷹匠と、跪く農夫の姿。中央には農家の母子、左には丘を登る農夫が描かれ、のどかな日常の風景が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《下目黒》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《甲州三坂水面》
冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《武州千住》
冨嶽三十六景《諸人登山》
ページトップへ