冨嶽三十六景《相州江の嶌》 ふがくさんじゅうろっけい そうしゅうえのしま

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

江の島は江戸時代の最も人気のあった観光スポットであったようだ。現在は橋が架かっているが、当時は本図のように干潮時に砂州が現れた時に歩いて江の島へ渡った。画中の小さな人物にも弁財天詣でに道を急ぐ人々の動きがよく伝ってくる。また砂州の両側に寄せる波の点描表現も面白い。建物の屋根、帆船、そして富士の形と様々な三角形が画中に溢れている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《相州江の嶌》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《相州仲原》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《江戸日本橋》
冨嶽三十六景《武陽佃島》
ページトップへ