文化遺産オンライン

冨嶽三十六景《甲州三嶌越》

ふがくさんじゅうろっけい こうしゅうみしまごえ

作品概要

冨嶽三十六景《甲州三嶌越》

ふがくさんじゅうろっけい こうしゅうみしまごえ

木版画

葛飾北斎  (1760-1849)

かつしかほくさい

日本

天保元−天保3年(1830-32)頃

木版多色刷

1

「三島越」とは甲州から籠坂峠を越え御殿場を通り三島へ抜ける道をいったものである。画中の巨木の太いこと太いこと!その巨木と背景の富士との対比も大胆であるが、巨木に驚嘆した旅人が童心に帰り、手をつないで大きさをはかろうとするしぐさがいかにも人間らしい。画中に漂う雲の形までユニークな空気を醸し出している。

関連作品

チェックした関連作品の検索