冨嶽三十六景《甲州犬目峠》 ふがくさんじゅうろっけい こうしゅういぬめとうげ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

山梨県北都留郡犬目部落にある峠より眺めた富士。犬目の地元では「遠見」という高台から見た富士を北斎が描いたと伝えられているが、実際の風景はだいぶ違っているようだ。北斎は旅人がふと目にした富士の感動を、そのまま絵にしたのではないだろうか。春霞をへだて、一面緑で覆われたゆるやかな坂道。小さく描かれた人物が、この眺望の穏やかな自然と時間の流れを強調している。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《甲州犬目峠》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《甲州三坂水面》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《武州玉川》
冨嶽三十六景《甲州三嶌越》
冨嶽三十六景《青山圓座枩》
ページトップへ