冨嶽三十六景《従千住花街眺望ノ不二》 ふがくさんじゅうろっけい せんじゅはなまちよりちょうぼうのふじ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

千住の花街より(従)眺望される富士。前景に大名行列の鉄砲隊、そして小屋越しに毛槍の隊が続くのが見える。中景には、稲刈りの終わった田圃の畦道に、美しい農民の娘二人が行列を眺めている。その視線に応えるかのように娘の方を見る武士も幾人かいる。遠くには花街(岡場所、非公認の遊郭)の界隈が見える。そんな男たちの未練を笑うかのように、白く雪化粧をした富士が悠然とそびえる。この版は右端がややつまって、千客万来の前の男の顔が切れている。また下端もややつまっている。過去の所蔵家によっては、自分の持つ額の寸法などに合わせて、浮世絵版画を多少裁断するようなこともあったようだ。また、この版図には「前北斎為一筆」の落款の「前」と「為」の書体のくずしが異なる版がある。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《従千住花街眺望ノ不二》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《武州千住》
冨嶽三十六景《武州玉川》
冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》
冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《東海道品川御殿山ノ不二》
ページトップへ