文化遺産オンライン

冨嶽三十六景《武州玉川》

ふがくさんじゅうろっけい ぶしゅうたまがわ

作品概要

冨嶽三十六景《武州玉川》

ふがくさんじゅうろっけい ぶしゅうたまがわ

木版画

葛飾北斎  (1760-1849)

かつしかほくさい

日本

天保元−天保3年(1830-32)頃

木版多色刷

1

玉川は多摩川のこと。調布あたりの風景と思われる。「青山圓座枩」のときもそうであったが、中景の霞雲を隔てて、富士の姿があきらかに大きく描かれているが、北斎にとって霞雲の表現は、富士との時間と空間の超越を意味するものであったようだ。この図では、落款「北斎改為一筆」とあるべきところ「改」の文字が無く「北斎為一筆」となっているのは間違えなのか入れ忘れなのかは定かではない。題字の左上の板木の瑕も、この版を見る一つの手がかりになっている。この版は、藍を主に色数を抑えてあるバージョン。

冨嶽三十六景《武州玉川》をもっと見る

葛飾北斎をもっと見る

公益財団法人 東京富士美術館をもっと見る

キーワード

北斎 / 富士 / / ゅうろっけい

関連作品

チェックした関連作品の検索