冨嶽三十六景《相州箱根湖水》 ふがくさんじゅうろっけい そうしゅうはこねこすい

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

箱根湖水とは芦ノ湖のこと。富士をはさみ左の山は三国山、右の山は駒ヶ岳であろう。波ひとつない湖面と様式化された霞雲、画中に人の気配もない静寂な風景は、北斎の心象世界であるかのような不思議さがただよう。初摺りのイメージと思われる版は、山肌の茶色のぼかしや、木々の緑が、この版と明らかに異なる。また、画面右端の裁断が大きく、前北斎の落款が半分以上断ち切られている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《相州箱根湖水》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《甲州三坂水面》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《武州玉川》
冨嶽三十六景《相州七里浜》
冨嶽三十六景《諸人登山》
ページトップへ