冨嶽三十六景《甲州石班澤》 ふがくさんじゅうろっけい こうしゅうかじかざわ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
25.6×37.5cm
1

この図を見ていると荒れ狂う海の光景をイメージするが、石班澤は富士川上流の鰍沢のことで、釜無川と笛吹川が合わさる付近の急流である。鋭く突き出した岩の突端にたち、激しい波に向かい網を打つ漁師。その横で魚籠を守る息子。これらを形作る三角形の構図がそのまま、富士の形へと投影されている。この版は、藍一色で摺られた初摺りのものから、空の夕日に染まりたなびく雲や、漁師と息子の着物の色、岩の緑など配色が変更されたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《甲州石班澤》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《信州諏訪湖》
冨嶽三十六景《相州七里浜》
冨嶽三十六景《東海道江尻田子の浦略図》
冨嶽三十六景《常州牛堀》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
ページトップへ