冨嶽三十六景《隅田川関屋の里》 ふがくさんじゅうろっけい すみだがわせきやのさと

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
25.2×37.3cm
1

関屋の里は、京成線関屋駅から東武線牛田駅を中心とする隅田川に面した一帯を指す。遠方に赤富士が見える。霞の残る早朝であろう。三騎の早馬が、田畑にのびる堤の上を疾駆している。画中右端に描かれているのは法令などを掲示する高札場。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《隅田川関屋の里》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《下目黒》
冨嶽三十六景《江戸日本橋》
冨嶽三十六景《相州箱根湖水》
冨嶽三十六景《尾州不二見原》
冨嶽三十六景《甲州三坂水面》
ページトップへ