東海道五拾三次之内 26 日坂《佐夜ノ中山》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 26 にっさか さよのなかやま

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

「年たけて また越ゆべしと思ひきや 命なりけり佐夜の中山」と新古今集で西行法師が詠った、佐夜の中山である。広重も誇張して描いたのであろうが、画面右上へと続く急な勾配の坂は、東海道の難所のひとつであった。画中手前に大きな石が描かれているが、この石は、金谷宿の夫を訪ねる妊婦が山賊に殺され、その霊が乗り移ったとされる石で、「夜泣石」と呼ばれたもの。夜中に泣き声が聞こえてくるという。石には「南無阿弥陀仏」と刻まれていた。旅人の涙をさそう話である。妊婦の赤子は村人に助けられ、飴で育てられたという。以来、「子育て飴」はこの地の名物になった。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 26 日坂《佐夜ノ中山》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 17 由井《薩垂嶺》
東海道五拾三次之内 46 庄野《白雨》
東海道五十三次之内 日阪 小夜の中山夜啼石無間山遠望
東海道五拾三次之内 25 金谷《大井川遠岸》
東海道五拾三次之内 24 嶋田《大井川駿岸》
ページトップへ