東海道五拾三次之内 3 川崎《六郷渡舟》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 03 かわさき ろくごうわたしぶね

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

東海道五十三次の最初の大きな川が、この図に描かれた玉川である。対岸に見えるのが川崎宿。玉川は多摩川や六郷川とも呼ばれていた。もともとは大きな橋が架けられていたが、たびたびの洪水で流されたため、この図のように舟で渡河するようになった。画中右端には雪化粧した富士の姿がひときわ美しい。この版図にも保永堂の単独出版の異版がある。人物の描写が少し変化している。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 3 川崎《六郷渡舟》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》
東海道五拾三次之内  4 神奈川《臺之景》
東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪
東海道五拾三次之内  2 品川《日之出》
東海道五拾三次之内  6 戸塚《元甼別道》
ページトップへ