東海道五拾三次之内 2 品川《日之出》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 02 しながわ ひので

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

東海道最初の宿場が品川である。ここでは、大名行列のしんがりが描かれている。街道脇の茶屋には女たちの姿も見える。品川は吉原につぐ遊里としても人気があったようだ。右に切り立つ山が八ッ山、左に開ける海が品川湾だが、今日では山は切り崩され、海は埋め立てられ、いずれも見ることはできない。後の保永堂の単独出版の異版では「諸候出立」の副題で行列の人物が増えている。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 2 品川《日之出》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内  4 神奈川《臺之景》
東海道五拾三次之内  3 川崎《六郷渡舟》
東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》
東海道五拾三次之内 38 藤川《棒鼻ノ図》
東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪
ページトップへ