東海道五拾三次之内 5 保土ヶ谷《新甼橋》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 05 ほどがや しんまちばし

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

新町橋(帷子橋とも呼ばれた)を渡ると宿場が見える。橋の向こうに見える看板には「二八」の文字が。そばが食べられる茶屋であろう。男たちの一行が橋に向かって来る。その橋の上には虚無僧の姿や、その手前には武士を乗せた駕籠が続く。画中左、遠景を良く見ると農夫と子どもの姿も見える。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 5 保土ヶ谷《新甼橋》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 18 奥津《興津川》
東海道五拾三次之内  4 神奈川《臺之景》
東海道五拾三次之内 27 掛川《秋葉山遠望》
東海道五拾三次之内 15 吉原《左富士》
東海道五拾三次之内 52 石部《目川ノ里》
ページトップへ