東海道五拾三次之内 39 岡崎《矢矧之橋》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 39 おかざき やはぎのはし

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

家康生誕の地、岡崎の矢矧川に架けられた矢作橋は、「天下請負」、すなわち幕府によって架けられた東海道一の大橋であった。『東海道名所図会』には「長さ二百八間(約370メートル)高欄頭巾金物(擬宝珠のこと)、橋杭七十柱、東海第一の長橋なり」とある。広重は、この大橋に大名行列の一行をずらりと並ばせ、ひときわその長さを強調したのであろう。橋の向こう、対岸に見える天守閣が家康生誕の岡崎城である。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 39 岡崎《矢矧之橋》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 35 吉田《豊川橋》
東海道五拾三次之内  5 保土ヶ谷《新甼橋》
東海道五拾三次之内 55 京師《三条大橋》
東海道五拾三次之内 50 土山《春之雨》
東海道五拾三次之内  3 川崎《六郷渡舟》
ページトップへ