東海道五拾三次之内 33 白須賀《汐見阪図》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 33 しらすか しおみざかず

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

京都から東海道を下ると、この汐見坂のあたりが初めて海を見下ろせる場所であった。画面前景の丸く窪んだ坂道を大名行列の一行が通っていく。その窪んだ丸い円弧に一行がかぶる笠の小さな円がたくさん重なる。遠景には定規で引かれたような水平線が夕暮れの赤い空と青い海を分け、そこに帆船の四角い白い帆だけが描かれる。広重のデザイナー的なセンスを感じさせる版図である。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 33 白須賀《汐見阪図》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 50 土山《春之雨》
東海道五十三次之内 白須賀 汐見坂風景
東海道五拾三次之内 白須賀・汐見阪図
東海道五拾三次之内 11 箱根《湖水図》
東海道五拾三次之内 46 庄野《白雨》
ページトップへ