東海道五拾三次之内 13 沼津《黄昏図》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 13 ぬまづ たそがれず

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

画中、異様なまでに大きな天狗の面がまず目につく。この面を背負った白装束の男、その前を行く巡礼姿の母娘、逆「く」の字に曲がった街道の先にも数人の旅人が見える。静寂さただよう黄昏に、宿場に急ぐ人々の情景を、大きな満月がさらに演出している。宿場へと続く川は狩野川。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 13 沼津《黄昏図》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内  4 神奈川《臺之景》
東海道五拾三次之内 30 濱松《冬枯ノ図》
東海道五拾三次之内  3 川崎《六郷渡舟》
東海道五拾三次之内  5 保土ヶ谷《新甼橋》
東海道五拾三次之内 38 藤川《棒鼻ノ図》
ページトップへ