東海道五拾三次之内 30 濱松《冬枯ノ図》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 30 はままつ ふゆがれのず

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

街道脇に立つ大きな杉の木の根元で、焚き火をしながら暖をとっている旅人たち。焚き火から立ち上る煙が黒から白へと変化している様子を良く表現している。画中右奥に見えるのが浜松の宿場で、浜松城の天守閣も見える。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 30 濱松《冬枯ノ図》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 13 沼津《黄昏図》
東海道五拾三次之内  3 川崎《六郷渡舟》
東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》
東海道五拾三次之内  5 保土ヶ谷《新甼橋》
東海道五拾三次之内 38 藤川《棒鼻ノ図》
ページトップへ